臨床報告

2017年08月01日

3週間お相撲さんに密着した結果…

こんにちは、スポーツ活法の小林幸司です。

当院は30年続く歴史のある院です。

現在でも実績のある治療を地域のお住まい方から遠方の方まで幅広い年齢層の方に受けて頂いています。

「スポーツ活法」によって患者様のお悩みを改善する事に日々励んでおります。

今回は私が大相撲のトレーナーに携わらせて頂いた時のシェアをさせて頂きたいと思います。

大相撲の治療をしたのは5月の東京場所です。

場所前から治療をはじめ、場所中も合わせ3週間ほど毎日治療をしました。

体の大きな力士をずっとサポートするため1人ではなく4人のチームで3週間ごとに交代して治療しました。

私は場所前から治療をしていたのですが、場所前であっても力士は、勝つため、優勝するために激しいけいこを行います。

稽古後の疲労はもちろん、何箇所も怪我をすることがありました。

ですので、治療は毎回真剣勝負です。

治療内容としてはメインはスポーツ活法で行い、さらに皆さんがご存知の筋肉矯正、背骨・骨盤矯正を全身にしていきます。

稽古でぼろぼろの体をみるので、だいたい治療時間は約3時間程です。

ただ一般の方の身体と比べると筋肉が大きく分厚いので10倍、20倍の圧で矯正しなければいけません。

力士からすると

「1日でも早く良い状態に戻して欲しい…」

そんな気持ちに応えたい一心で私は全力で治療をしました。

そして スポーツ活法を通して、その力士にとっての最大限の パフォーマンス、最高のコンディションで挑んだ結果…

勝ち越すことができました!

そのときの喜びは忘れられません。

自分がこれから先歩んでいく上での かけがえのない経験になったと思います。

これからもスポーツ活法を通していろんな選手をサポートしていきたいと思っています!

今回の力士への施術は普段からスポーツ活法セミナーの講義でやっている治療を“そのまま”させて頂きました。

自分自身改めてスポーツ活法の治療効果、即効性のある治療法であることを感じたのと同時に皆さんにもスポーツ活法を通して いろんな選手と一緒に喜びを感じて頂きたいです。

最後まで読んで頂いて
ありがとうございました。

小林幸司