臨床報告

2017年07月25日

痛みを取るだけなら、普通の治療と変わりません。

スポーツ活法の
森本崇志と申します。

 

当院は商店街に位置し、地域の方々が来院されます。

 
患者様一人一人の健康になるためのお手伝いをさせていただき、

真心をもって向き合うことを心がけています。

 
社会人や、学生、主婦の方、アスリートなど様々な年齢層、職業の方がご来院され、「スポーツ活法」によって患者様のお悩みを改善し日々施術に励んでおります。

 
本日は、ライバル院と差別化する方法をご紹介いたします。

 
先日、
草野球のピッチャーをしている30才男性が来院されました。

 
少年時代から野球一筋で社会人になってからも野球をやるも、

年を重ねるに連れて肩周りの硬さが気になり、球速の低下を感じるとおっしゃっていました。

 
それを補うために、トレーニングを激しく行ってしまったため背部の痛みを感じて来院されました。

 
まず、パッと姿勢を見たときに頚椎下部、胸椎が全体的に大きく歪みがあったので骨格矯正を行いました。

 
その骨格矯正で背部の痛みがほぼ取れました。

 
しかし、痛みを取るだけなら、普通の治療と変わりありません。

 
スポーツ活法はその人のパフォーマンスを上げることのできる技術です。

 
その後、その方の姿勢を悪くしてしまっているもうひとつの原因である肩関節の矯正を行ったところ…

『数年ぶりに肩がよく動く!』

と感動されてました。

 
さらに筋肉矯正を重ねることにより…

『今が投手人生でピークだ!』

と言っていただけました。

 
肩関節は骨頭に比べ関節窩が小さく、筋肉主体で関節の安定性を保っています。

 
その筋肉への負担が大きくなったり、疲労が抜けきらない状態が続いてしまうと関節の位置は僅かながらズレてしまいます。

 
その僅かなズレが痛みを出し、パフォーマンスを下げてしまうのです。

 
特に野球はそれが著明ですよね。

 
そして、スポーツ活法はどんな競技でも圧倒的な違い、結果を出すことができます。

 
この競技は詳しくないし…あの競技ではどこの筋肉を使ってて、どんな動きが多いんだろうか…

 
そんなことがわからなくてもスポーツ活法の『知識』で全てカバーできます。

 
スポーツ活法の知識さえあればあまり詳しくない競技の選手にも寄り添える施術家になれるのは本当に嬉しいです。
 

他の院にはない圧倒的な強みなので ぜひ、痛み解消のその先まで施術をしてみてください。

 
これからも多くの方々に
喜んでもらえるように
技術も知識も磨いていきます。

 
最後までお読み頂き
ありがとうございました。

 
森本崇志