考え方

2017年01月27日

なぜ、今の若者は治療家を目指さないのか?

なぜ、今の若者は治療家を目指さないのか?のアイキャッチ画像

こんにちは、スポーツ活法の小林です。

この業界に身を置いていて、 実は以前から思っていたことがひとつあります。

それは、

「この業界をもっと世の中にPRしていきたい!」

ということです。

たとえば、 柔整師や鍼灸師は西洋医学ではできない日本の伝統医術であって、 薬や注射を使わずに人を健康にしたり怪我を治せる素晴らしい技術だと思います。

こうした技術は患者さんだけでなく、 治療家自身も幸せになれる力を持っていると私は思います。

自分は銀行員から転職してこの業界の門をたたき、人生が大きく変わりました。 あのまま銀行にいたらと思うと、正直ゾッとします。

この業界に入って、人に恵まれ、 やりたいことにも挑戦でき、夢も一つずつ叶えられて、 治療家として幸せな生活を送ることができました。

この業界があって今の私があるので業界には本当に感謝しています。 そこで、ある時期から私は”業界に恩返ししたい”という思いが強くなりました。 学校をつくったのもその一環です。

このままだと…

国家資格を持ってるのに治療ができないとか… 国家資格を持ってるのに保険の効くマッサージ屋さんと言われているとか…

「このままいくと、国家資格なんて必要ないんじゃないか?」

なんて整形外科や色んなところから言われていた時期もありましたよね。

しかし、先ほども言ったように 私たちが磨いてきた技術は素晴らしいものです。 若い人にだって伝えていく必要があります。 そうして学校を作ることを決めたのですが、 学校を作ってから私はこの業界をとりまく“ある問題”に気が付いたのです。

それは、若い人たちの意識の中に

・柔道整復師

・鍼灸師

といった道に進むという選択肢が無いということです!

意外と知られていないこの業界… 就活が始まる時期、高校のガイダンスに行っても 柔道整復師や鍼灸師の存在を知らない人がほとんどです。

実際に聞いてみると、 柔道整復師や鍼灸師を知っている方は 100人のうち4~5人くらいしかいません。

4~5%しかいないのです。

柔道整復師なんて 「えっ?柔道…?なにそれ…?」 という状態です。

じゃあ、 「スポーツトレーナーは知ってる?」 と聞いてみるといっきに手が上がるようになります。

この状況は高校も大学も一緒です。 大学生のケースで多いのが… 大学生の場合は、就活のときに スポーツにかかわる仕事がしたいと思って ミズノやアシックスといったスポーツメーカーに就職します。

しかし、そこはメーカーなので、 スポーツにかかわることはほとんどありません。

スポーツに関わりたかったのに 営業ばかりやらされて、うんざりして結局辞めてしまう…

そこからやっと、 「スポーツにかかわれる仕事ってないかな?」 と探し始めて、トレーナーや整骨院を知ることになるんですね。

そうした背景で資格を取りに来られる方は非常に多いです。 ひょっとしたら先生にも心当たりがあるかもしれませんし、 ご友人に似たような背景を持つ方がいらっしゃるかもしれませんね。

根が深いこの問題を解決するには…

最初から、スポーツにかかわれる仕事があると 若い人にも知ってもらう必要があるのではないでしょうか?

高校生でも大学生でも、 自分の怪我を治してくれた先生みたいになりたいという子や 記録が伸びないから裏方として頑張りたいという子は世の中にたくさんいます。

でも、その子たちは私たちの様な治療家、トレーナーという仕事の存在を知りません。

そうした子たちに、 柔道整復師や鍼灸師の資格を持ってる人が活躍してるんだよ!と教えてあげたいのです。

だから今、私たちは『トレーナー』という切り口を使って若い世代にアプローチしています。

柔道整復師と言われても、子供たちの頭の中は「?」でいっぱいだからです。

これまでもお話ししてきたように 今スポーツ活法では東京オリンピックを目標に積極的にトレーナー活動の幅を拡げています。

日本代表の選手を私たちの技術でサポートし、 アスリートたちのメダル獲得に貢献したいと本気で考えています。

そして、五輪で活躍した選手にひと言だけ言ってほしいのが 「ここまでやってこれたのは、スポーツトレーナーとして関わってくれた柔整や鍼灸師の先生です。」 というひと言なんです。

表彰台やインタビューでほんのひと言だけ言ってほしいのです!

そのたった一言さえあれば… そして先生や私たちのこの素晴らしい仕事や技術をもっと世の中に認知してもらい、 業界の活性化や地位の向上をさせていきたいと思っています。

この考えに共感してくれているのが、田中宣彦をはじめとするうちの幹部達です。

おそらく、彼らも独立開業した方が経済的には豊かになると思います。 でも私一人でやっていても一馬力ではこの夢はかないません。 そのため彼らが協力してくれることには本当に感謝しています。

これからもクチコミで色んなアスリートに関わっていき、 スポーツ活法を通じて輪を広げていきます。

スポーツ活法の施術の長所は、治療を受けた選手が驚くほどの”即効性”にありますので、プロの現場のみならず高校などの学校でも需要はあります。

アスリートにとって一番怖いのは故障や怪我ですからね。 それを早期に改善できる技術があると分かれば、 今の私たちが紹介で規模を広げているように引手あまたになります。

治療家になってまだ日の浅い先生だと 業界に貢献するといった考えはあまりピンと来ないかもしれませんが、 オリンピック選手を施術したとなれば、 患者さんの集客に繋がったり、自信をつけることだって出来るでしょう。

最初のうちは、売り上げをアップさせたいとかファン患者さんを増やしたいとか、そういった理由でも良いと思います。 人様に貢献できる技術を身につけるという点では変わりませんからね。

今後は、 東京オリンピックでの活躍を目標にするような先生が集まる 私たちの技術研修の情報もお伝えしていきます。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

技術研修のお話も近いうちにご連絡できると思いますので、そちらも楽しみにお待ちいただければ幸いです。